「PayPay」での個人間送金のやり方を解説!

PayPayでの個人間送金の方法は4つ


(画像出典:公式サイト

PayPayはQRコード決済サービスですが個人間送金機能も付いています。

友達や知り合いに代金を立て替えてもらった時や、借りていたお金を返したりしたい時などすぐに相手にお金を渡すことが出来るのです。

そこで今回はその方法について解説します。

個人間送金の方法は4種類あります。2019年4月3日までは2種類しかありませんでしたが、4月3日にリニューアルをして4種類に増えました。

ORコード

まず開始当初からあった1つ目はORコードを活用する方法です。相手のQRコードを読み取ることで送ることが出来ます。

ただしこの方法は相手が目の前に居ないと出来ません。離れた人に送る場合は別の方法で行いましょう。

手順ですがまず「ホーム画面に送る」という項目があるので押します。

次に「友達のQRコードを読み取る」と書かれているので選択して下さい。そうするとカメラが立ち上がるので受け取る相手にQRコードを見せてもらい読み込みます。

読み込めたら送金額を入力して次へボタンを押します。最終確認のために内容を確認してくださいと出てくるので、内容が合っていたら一番下の~円を送るクリックして終わりです。

この送る際にはメッセージを相手に送ったりパスコードを設定することが出来ます。

この2つは任意なので必ず行う必要はありません。メッセージやパスコードの方法については4種類の説明が終わった後にまとめてお話しします。

以上がQRコードを活用した方法です。

電話番号検索

2つ目も開始当初からあった方法で相手の電話番号を検索して行うやり方です。

こちらは相手が目の前に居なくても出来ます。ただし事前に相手の電話番号を知っている必要があります。

やり方ですが最初はQRコードと同じくホーム画面で送るを押します。次に先程は一番下のQRコードを読み取るボタンを押しましたが、そこではなく上の検索欄に相手の電話番号を打ち込んでください。

打ち込みが終わったら先程と同じく送金額を入力する画面が出てくるので書いて送ってください。こちらも送る祭にパスコードやメッセージを任意で行えます。

ID検索

3つ目はリニューアルしてから新しく出来た方法で相手のIDを検索して行うやり方です。

やり方なんですが実は電話番号検索とほとんど一緒です。違う点だけ説明すると電話番号検索では検索欄にて電話番号を入力しましたが、ID検索は検索欄にIDを入力します。

たったそれだけの違いで後の送り方は一緒です。どちらが使い勝手が良いのかは人それぞれのため自分の好きな方法で行ってください。

専用URL発行

4つ目はこちらもリニューアル後から出来た専用のURLを発行して送る方法です。

こちらはあまり親しくない相手にお勧めな送り方です。例えばですが、インターネット上の相手の取引で1回だけ使ったりする時や相手の電話番号やIDを聞くことが出来ない時などです。

他にも受け取る方がPayPayを利用していない時も使えます。

やり方は最初はホーム画面で送るボタンを押します。次に受け取りリンクを作成するという項目があるためそこを選択して下さい。

そうすると送る額を入力する画面が出てくるので入力をして次にボタンを押します。内容を確認する画面が出てくるので確認をしてから送るボタンを押します。

メッセージやパスコードを設定することがこちらでも出来ます。そしてここからが他の3つとは違いURLが発行されます。

発行されたURLを相手に教えてあげれば完了です。

送るボタンを押したら終了と勘違いしてしまう人が居ますが、相手にURLを教えてあげないと相手の元にお金が届くことはないので気を付けてください。

以上の4種類がPayPayで個人間送金を行う方法になります。

PayPay個人間送金でのパスコードとメッセージ

最後に4種類の説明に出てきたパスコードとメッセージについてお話しします。

任意で設定をすることが出来るのでやりたい人だけ行ってください。メッセージはお金を送る際に相手に一言二言送ることが出来ます。

メッセージは空欄でももちろん大丈夫ですしお礼など何か相手に送りたい言葉があるなら記入しましょう。パスコードは4桁の数字で自分で設定して、事前に受け取る相手に設定したパスコードを教えます。

相手が受け取るときに設定したパスコードを入力出来たら、送られてきたお金を受け取ることが出来ます。設定するメリットはパスコードを設定することで誤ってお金を送ることを防ぐことが出来ます。

QRやURL機能を使った方法では誤って送ることはないですが、電話番号やID検索で送る場合は入力ミスをしてしまう可能性があります。

ですので電話番号やID検索にて送る場合はパスコードを設定するほうが良いです。設定する時にスマートフォンの暗証番号を入力する人が居ますがそれは辞めましょう。

あくまでもその時だけに使うパスコードのため普段利用している番号を入力してはダメです。

PayPayは簡単に個人間送金が出来るため一度も使ったことがない人は是非利用してみて下さい。
方法も4種類と豊富にあるので自分が一番やりやすい方法で行ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

キャッシュレス生活の素晴らしさを伝え、日本をキャッシュレス先進国にするためにこのサイトを立ち上げる。自らのライフスタイルにも積極的にキャッシュレス決済を導入し、ここ数年はほとんど現金を使わずに生活。