「メルペイ」のコード払いの方法を徹底解説!

「メルペイ」コード払いの方法


(画像出典:公式サイト

メルペイでは支払い方法の1つとして、コード払いを利用することが可能です。この支払いは、レジでQRコード・バーコードを提示するのが特徴で、端末にかざして決済を行うiDに対応していない店舗でも使えるのがメリットです。

QRコード・バーコードの支払いに対応したのは、2019年3月のアップデートで、サービスの提供開始から約1ヶ月後のことです。

アプリインストールからチャージまでの流れ

実際に利用するには、スマホにメルカリのアプリをインストールして、設定を行う必要があります。既にアプリを導入している場合は、念の為最新状態かチェックを行い、必要に応じてバージョンを更新しましょう。

初期バージョンやアップデート前のバージョンのままだと、コード払いの項目が表示されないので使えないです。

レジでQRコード・バーコードを提示するには、メルカリアプリを起動後、メルペイのタブを選択して画面を表示します。

次に、画面に表示される該当の項目を選択したら、初期設定のセットアップに入ります。これはパスコードの設定を行うもので、第三者に悪用されない為に必要なことです。

パスコードに加えてTouchIDやFaceIDなどの生体認証を設定したら、QRコード・バーコードが表示されるようになります。

パスコードの設定は任意ですが、セキュリティを向上させることができるので、設定することをおすすめします。

また、生体認証も悪用を防ぐセキュリティに繋がるので、パスコードと合わせて設定しましょう。

設定完了後の画面では、ポイント購入のボタンが表示されますから、必要に応じて購入に入ります。支払い方法に後払いを選ぶと、チャージの残高がなくても支払い可能ですが、利用上限の5万円と手数料がネックになります。

使う分を予めチャージしておいた方が、収支の把握が行いやすいですから、ポイント購入でコード払いをするのが無難だと思われます。

「メルペイ」のチャージの方法を解説!

実店舗でのQRコード・バーコード支払い

QRコード・バーコードによる支払いは、iD決済と並んでメルペイの主要な決済方法ですから、使い方を覚えておいて損はないです。

店頭では店員さんに使いたい支払い方法を告げて、QRコード・バーコードを表示した端末を提示する形となります。

すると店員さんがスマホの画面にスキャナをかざしスキャンするので、読み取りに問題がなければこれで決済手続きの完了です。

コード払いを失敗しないために

移行の決済処理は、メルペイ側で購入代金のポイントが残高から引かれ、支払いが完了する流れです。
残高に不足があるとコード払いは失敗しますから、予め残高を確認したり、余裕を持ってポイントを購入しておくのが良いです。

このQRコード・バーコードは、レジに並んでいる時に用意をしておくことで、スムーズに決済を済ませられるのが魅力です。

残高に余裕を持たせておけば、決済に失敗することはまずないですし、消費者やお店側の負担を軽減しつつ利便性の高いサービスの利用が実現します。

大切なのは、QRコード・バーコードを何時でも表示できるようにしておくこと、そして失敗しない決済に注意することです。

表示自体はメルカリアプリの使い方を覚えておけば、後は難なく操作することができます。一方、決済の失敗は残高不足を始めとして、コードを読み取れない状況も原因となります。

読み取れない原因はいくつか存在しますが、スマホの画面に貼っている保護フィルムであったり、画面の汚れが原因になることもあります。

あまり問題になることはないものの、スマホに保護フィルムを貼っているなら、事前に一度問題なく読み取れるかお店でチェックするのが賢明でしょう。

問題が生じたら剥がす、あるいは他のフィルムに貼り替えることが必要になります。画面の汚れは拭き取れば良いので、小まめに綺麗なクロスで指紋や皮脂を拭くように心掛けるのがおすすめです。

それと意外かもしれませんが、画面の明るさもメルペイのコード払いの読み取りに関係しますし、失敗する時は明るさを少し上げると改善されます。

これらのポイントを踏まえて対策を行えば、店頭で読み取りに失敗したり、焦ってしまうことはなくなります。

まとめ

全てのお店で同じメルペイの決済方法が使えるのが理想的ですが、今のところはコード払いとiDに二分されています。

この為、両方共に使えるようにしておく必要がありますし、お店によって何時でも使い分けられるのがベストです。

最初に設定の手間は発生しますが、しかし毎日のように何度も使用することを考えれば、一度の手間で済むのは悪くないです。

むしろ、現金払いから解放されたり小銭を持ち歩く必要がなくなるので、サービス利用開始後に得られるメリットの方が大きいです。

物理的にスマホの画面を提示することになるので、そこはやや慣れが必要ですが、慣れてしまえば決済の時間が大幅に短縮できます。

今後更に使えるお店が増える見込みですから、早めに使い方を覚えたり実際に使って慣れることで、スマートな電子決済による支払い方法を身につけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

キャッシュレス生活の素晴らしさを伝え、日本をキャッシュレス先進国にするためにこのサイトを立ち上げる。自らのライフスタイルにも積極的にキャッシュレス決済を導入し、ここ数年はほとんど現金を使わずに生活。