「メルペイ」のチャージの方法を解説!

「メルペイ」チャージは銀行口座から!


(画像出典:公式サイト

メルカリでお馴染みのメルペイは、2019年2月にスタートした電子決済サービスで、簡単に使用できる点が優れています。

チャージ方法は主に銀行口座から行うのが基本で、口座を登録して操作することになります。ここでいう銀行口座とは、メルカリの振り込み申請の口座とは異なるので、その点には注意が必要です。

スマホアプリから操作する場合は、残高の表示にある入金ボタンを押し、金額を選択して決定します。1回あたりの入金は1,000円からで、銀行口座からの入金はリアルタイムに行われるのが特徴です。

手数料は発生しませんし、直ぐに入金が完了しますから、手間なくあっという間に終わります。1,000円以上の金額設定は1円単位で可能ですし、上限は1日あたり200,000円までなので、幅広い用途に活用できるでしょう。

入金は1回あたり1,000円以上に設定されていますが、1円単位で調節できるので、使い方次第で残高を無駄なく使い切れます。

主要なコンビニはほぼ対応している上に、スーパーやカフェに空港施設でも利用できますから、実用性の高い電子決済サービスだといえます。

売上金からもチャージができる

メルペイのチャージにはもう1つ、メルカリの売上金を使う方法もあります。厳密には入金ではありませんが、メルカリにおける売上を残高として使えるのが魅力です。

初回はSMS認証が認められるものの、簡単に入金と残高分を統合して活用可能なのは見逃せないメリットです。

使い方は、メルカリ側で操作を行い、メルペイにチャージする形となります。アプリ上の該当するタブから入金ボタンを押し、金額を選択して操作という流れです。

顔認証や指紋認証、あるいはパスコードをクリアすると、無事に入金が完了します。電子決済は、今後ますます使えるシーンが増加する可能性の高いサービスですから、複数の入金方法があるのは嬉しいところです。

チャージしなくても「後払い」でお買い物ができる!

(画像出典:公式サイト)

残高が0円で決済ができない、そういう場合は後払いが選択肢に浮上します。この後払いは、クレジットカードのように使った分が後から請求される仕組みのサービスです。

限度額は最大1ヶ月あたり5万円までで、メルカリの利用実績に基づいて上限が設定されます。限度額以下であれば、自分で上限を設定することも可能ですから、使い過ぎが気になる人でも安心です。

最初に運転免許証などの本人確認書類を準備しておきます。次に、メルカリアプリを起動したらメルペイを選び、本人確認を選択して設定を始めます。

運転免許証か在留カードの項目を選択して、同意を行ったら説明を読んで次です。カメラ機能のアクセス権限が求められるので、OKしたら指示通りに写真撮影を行い、個人情報を入力して最終確認です。

内容に間違いがないことを確認したら、申し込むボタンを押して申し込みの完了です。これで認証されれば、後はアプリでお店の後払い設定を行えば使えるようになります。

支払い方法の変更を選んだら、後払いを選択するだけで、チャージ不要の使用が始められます。上限に5万円という金額はありますが、しかし日常的な買い物なら、十分便利に役立つ支払い方法として使えるでしょう。

他にも、iDやQRコード・バーコードで支払える利便性に、クーポンに対応している柔軟性の高さも備わります。シンプルなのに使い勝手が良く、そして使えるお店が増えていますから、電子決済サービスに取り組むメルカリの本気が窺えます。

「メルペイ」から銀行口座への逆チャージ

メルペイの残高は、反対に銀行口座に戻す形で逆チャージを行うこともできます。メルカリアプリのタブを選び、振り込み申請を選択してパスコードを入力します。

振り込み先の口座情報を入力したら確認画面が表示されるので、内容を確認して同意しましょう。手数料が発生することにより、手数料に関するメッセージが表れますから、最終確認をして振り込み申請ボタンを押します。

これで通常、数日以内に銀行口座に残高が振り込まれるので、間違えてチャージし過ぎてしまったり、現金を使用したい場合に役立ちます。

入金方法と同様に、覚えておいて損のない機能ですから、こういう便利な機能があることを念頭に置いておくことをおすすめします。

まとめ

現在のところ、コンビニから入金する方法はないので、そこが気になる人にとってはネックだと考えられます。

ただ、今後は対応する可能性がないともいえませんから、メルカリの対応に要注目です。

コンビニでの支払いや各種の施設で便利に使える電子決済サービスですが、残高をSuicaに入金することもできます。

Appleペイを経由する手間はありますが、Appleペイ側の設定でメインカードにメルペイを登録して、Suicaアプリで入金操作をするだけです。

Suica側でAppleペイを選択すると、Appleペイ経由で残高の移行が行われます。

これはメルカリの売上やポイントも使えることを意味するので、単なる電子決済サービスとしてだけでなく、無駄なくお得な支払いの可能性が増える結果に繋がります。

ABOUTこの記事をかいた人

キャッシュレス生活の素晴らしさを伝え、日本をキャッシュレス先進国にするためにこのサイトを立ち上げる。自らのライフスタイルにも積極的にキャッシュレス決済を導入し、ここ数年はほとんど現金を使わずに生活。